職員インタビュー

看護師 ケアマネージャー 介護職 介護職

地域から『あってよかった』と言われる社会福祉法人を目指して

デイサービスセンター初音の杜介護職員・生活相談員 並木さん
デイサービスセンター初音の杜
介護職員・生活相談員


並木さん





職種について
自宅で暮らし、介護を必要とするご利用者を対象に、食事や入浴、体操等のサービスを提供し、介護しているご家族の負担軽減やご利用者が元気に自宅での生活を続けられるように支える仕事です。


一誠会を選んだ理由と現在の仕事内容について教えて下さい。
もともと特養で介護職として働いたことがこの業界のスタートでした。結婚し、育児をする上でデイサービスで働くことになりました。子育てをしながら、働くことは簡単なことではありませんが、初音の杜では同じように育児をしながら働いているスタッフがおり、お互いにフォローしながら働いています。
ご利用者が初音の杜を利用していただく為に、送り迎えをすることをはじめとして、昼食や入浴、レクリエーションなどの支援をさせていただくほか、ご利用者やご家族などからの相談を通じてサービスに関わる介護計画書の作成や契約の手続きなど利用の調整をする仕事に携わっています。
一誠会での仕事についてのやりがいや喜びを教えて下さい。
一番の喜びは、家族が感謝してくれることです。在宅ではご家族が、大切なご両親や配偶者の方を介護されています。ご家族が介護していてストレスを感じることなども伺うことがあります。そんなとき、話を聴くことしかできませんが、デイサービスの価値を実感し頑張ろうという気持ちがわいてきます。
ご利用者が初音の杜で安心して過ごし楽しんでもらいご自宅に帰ることがご家族にとっても何よりの喜びであり、私たちの励みになることです。介護をすることはいろいろな苦労があると思います。そのなかで、ご利用者とご家族の生活を支え、自宅での生活を継続できるお手伝いをさせていただくことにやりがいを感じます。
メッセージ
ご利用者が笑顔で暮らせるように支えたい

自宅で生活をされているご利用者には、ご家族と暮らすなかでも介護を受けるということで寂しさや不安を感じながら過ごされている方も少なくありません。
まずは、デイサービスに来ていただいて、笑顔になっていただけるようにという点を心がけています。
元気に明るく接することでご利用者の皆様にまた来たいという気持ちになり、自宅での生活を継続できるお手伝いができればと思っています。